本日の特売情報

2018-07-05 23:11:00

長なす3本 138円

ナスには国内だけでも170種類以上あるといわれるほど、品種が豊富な野菜です。

 

そもそも普通の卵型のナスと長ナスの違いは何でしょうか?単に長さが違うだけなのでしょうか?大きさは20cmを超えるもの、そして重さが120g以上のものを長ナスといいますが、普通のナスとの違いは実の柔らかさにあるようです。

ナスは漬け物から炒め物、煮物など様々な料理に使えてとても便利ですが、ナスの種類によって向いている料理とそうでないものがあるのです。

長ナスは果肉がとても柔らかくて食べやすいので、焼きナスや煮物、炒め物すると美味しくいただけます。卵型のナスは浅漬けなどにも利用されますね。そういえば、長ナスのお漬け物はあまり見かけませんね。

ナスはその90%が水分ですから、ナスには栄養がないなんていわれることもありますが、いえいえそんなことはありません。

水分だって立派に働いています。夏には体を冷やす作用がありますから、暑い夏には体の中から冷やしてくれるんです。

そしてナスにはヘタにも栄養が!ヘタも捨てずに使ってみましょう。